金武町予防接種情報提供サービス

はしか患者県内発生について注意喚起

令和元年5月20日現在、県内南部において、20代女性のはしか感染が確認されたと報告があり、女性は県外で感染したとみられています。
 はしかは感染力が非常に強く、乳幼児が感染すると、肺炎や中耳炎、脳炎などの合併症を起こすことがあり、感染を防ぐには、予防接種が重要です。感受性者(麻しんに免疫を持たない人)を減らすことで、地域でのはしか集団発生の拡大防止につながります。
 これから夏休みや全国高校総体が県内で開催されることから、国内外から多くの観光客が訪れ、さらなる感染拡大が懸念されます。今年度、定期予防接種の対象者の方は、早めに予防接種を受けましょう。また、定期予防接種の機会を逃したお子さんなど、町の行政特別措置での任意予防接種の費用助成も行っています。

詳しい対象者や助成費用、医療機関はこちら:(>>詳細はこちら

≪戻る